求人サイトの集客(求職者を集める)

次に、求職者ですが、こちらは、求人情報を集めるようには行きません。企業のように直接アプローチする方法がないので、サイトに訪問してもらえるように、良質な求人情報をそろえます。求職者にニーズのあるコンテンツを用意することも効果的です。

業種によっては、強力なポータルサイトがあり、費用はかかりますが、そこに広告を出すことで高い効果を出せる場合もあります。

プレゼントなどの懸賞キャンペーンで、求職会員を増やすということも考えられます。しかし、これは、一時的な集客効果はありますが、懸賞の内容と、求人サイトのテーマが合っていないと、求職者として定着するユーザーにはなりにくいので、よく検討する必要があります。

この職業をめざす人ならでは、という懸賞を用意する必要があります。単に今、流行りのグッズを用意するだけでは、懸賞目当てのユーザーだけが集まり、求人サイトのユーザーとしては、望ましくありません。

求職者が十分な数あつまると、求職者の匿名履歴書を求人企業が閲覧してアプローチする、いわゆるスカウトサービスを提供することができます。このサービスは、やり方次第では、求人サイトの売上に大きく貢献するので、早い時期に求職者を集めることができると、その分、収益が期待できます。